京つう

  出産・育児・子ども  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ


目標設定

2018年01月08日


正月、息子がお嫁さんと一緒に帰省してきました。

机の上に忘れないように

今年の目標設定記入用紙を置いておいておくと

息子が気付いて

「あっ、用意してるじゃん。書こう!」

息子は、お嫁さんにも用紙を渡し、

お嫁さんもとまどうこともなく

ペンを取ると

「何書こうかなぁ~」

「ほとんど絶対出来そうなんだけど、これでいいかな?」

「いいよ。書くことが大切なんだから」と息子。

おっ!優しいではないか

私には、簡単すぎるんじゃない?

って言うてなかったっけ?

私の書いた紙を覗き込んだ息子は、

「人の喜ぶ事を進んでするっていうのは、もっと何に対してやろうとしているのか、

具体的な貢献や行動にした方がいいんじゃない?」と指摘してきました。

確かに曖昧で達成基準がわかりにくいので

その下に具体的な行動計画を書きました。

娘も昨年の目標が大部分達成出来なかった反省として、毎月の目標設定を書くこと

にするという事を決めていました。

自分の人生を豊かに出来るかどうかは、何を達成したいのか夢を描くかどうかにかかっています。

誰とどんな風に過ごしたいのでしょうか?

そのために何が必要でしょうか?

娘が生まれて、この子が大学生になったら2人でヨーロッパに行きたいと思いました。

ようやく、近づいてきました。

スキーは、滑れませんが、孫とスキーに行くという夢を持っているので、スキースクール

に入って、そんな自分になると決めています。

子ども達と毎年目標設定を考えるという 正月の行事は、より自分たちを成長させてくれました。

そして、目標を紙に書くという事が成果を上げることに繋がる事を知っているので、毎月、毎週、毎日、

という風に行動計画を書こうという気持ちにさせています。

達成していく事で、自分に自信もつき、自己肯定感を育む事も出来ます。

子どもを成功させるには、否定せず、夢を応援し、成功体験を重ねさせてあげる事が大切です。

自分を好きで自信を持つ事が出来れば、失敗しても、それが過程だと知っているので、

またチャレンジ出来ます。

諦めなければ、失敗はありません。

たとえ、夢が叶わなかったとしても

何かに一生懸命頑張った経験の持ち主は、次の目標に変わっても、また全力で取り組む事が出来ます。

決めた事を精一杯頑張るという経験が子どもにとっては、重要なのです。

子どもが何かを頑張っている時は、応援してあげましょう。結果がどうあれ、あなたは素晴らしいのだと

私は知っていますから。

こうして書きながら、自分に言い聞かせているようです。

どうあってもあなたは素晴らしい。

大丈夫、大丈夫。



Posted by 夢を叶える幼児教室 at 19:47