京つう

  出産・育児・子ども  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ


附属小学校受験終えて保護者の声

2018年02月06日


京都教育大学附属小学校の受験を終えた保護者様の声

実は、小学校受験は全く考えていなかったのですが、

附属は仲良しの友達が受けるので自分も受けたいと言い出したから受けるだけ受けてみる?

くらいの記念受験ほどの気持ちでした。

しちだの小学校受験対策プリントがあると聞いたのでそれを受験前まで終えて、

冬休みは思う存分遊び倒し、場慣れという意味で模擬テストは2回受けました。

やはり日頃スピードで瞬時に理解する七田式の訓練のおかげで飲み込みが非常に早く、

ここではどう振る舞えばいいのか、

何をすればいいのかを2回の模試で理解が出来たのだと思います。

そして本番はリラックスして臨み、

四時間近い検査(検定)後は清々しい顔で"楽しかったー"と出てきたので、

結果はどうあれ、満足感でいっぱいでした。

一次試験をパスした彼女はそれから自信がついて何事にも堂々と物怖じしなくなり、

積極的な性格にパワーアップしました。

抽選に外れてしまった瞬間は本当にショックを受けましたが、

家族や両親は元々地元の公立小がいいという考えでしたし、

主人と「きっと入学ではなくテストに合格することが今回の目的だったんだね」と話しています。

附属に合格されたお友達と同じ実力を持っているという自信を持って、

ますますこれから頑張って欲しいです!!



Posted by 夢を叶える幼児教室 at 13:06