京つう

  出産・育児・子ども  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ


発表会を振りかえって

2016年12月05日


発表会をふりかえってみていろいろなことを感じた。
上手くいってもいかなくてもチャレンジする事が大切だ。
失敗するのが怖くて挑戦出来ないよりも、挑戦を続ければ沢山の成功体験が待っている。
幼い子供には親が全てである。
失敗した時も頑張ったねと過程を誉めて笑顔でいれば、出来なかった自分を駄目だと否定
する事は無い。
落ち込んだ顔を見せないか親が試されている瞬間ともいえる。
アンケートには、発表会で実力が発揮しきれなかったにもかかわらずプラスに受け止めて、
他の子供達の素晴らしかった所など沢山ご記入いただいたお母様ばかりで、頭が下がる思
いがした。
だからこそ子供が自分を好きで思いやりのある子に育っているのだろう。
学力中心で育ててはいけない。
努力した過程が一番大切なのだと誉めてあげよう。
賢い子供が誇らしいのではなく、努力出来る事や誰かに思いやりをもって接する事が出来たり、
我慢する事が出来た時に誇らしいと感じた事を伝えてあげよう。
  

Posted by 夢を叶える右脳幼児教室 at 21:29

食事会イベント

2016年12月03日



ずっとやりたかった12月クリスマスパーティーイベントを開催する事にした。
生徒数も多いし、教室に入れる数も限りがあるので、集まり過ぎたらどうしようかと思って
長年企画すら出来なかった。しかし、ご父兄ともっと懇親する機会を持っていきたいと強く
思うようになり、思いきって企画してみた。
不安は杞憂に終わった。
ちょうど、募集した人数にぴったりの申込みであった。
灘中学に通う卒業生のお父様も参加してくれる事となり、中学受験の話や灘での活躍ぶり
などいろいろ伺えるのも楽しみである。
定期的にやるうちにどんどん仲良くなって一生お付き合い出来るような素敵な繋がりが持
てたら幸せだなぁ~。と思う。
七田の卒業生が大人になってまた来てくれるようなそんな教室でありたい。
  

Posted by 夢を叶える右脳幼児教室 at 22:15

誉めて育てると駄目になる?

2016年12月02日


「誉めて誉めて育てた子が社会に出てそのギャップで自信を失い退職してしまう傾向
にあるという内容はどう思いますか?」
というご質問があった。
誉めて育てた事に原因があるのではなく、厳しさを教えなかった事に問題がある。
愛、厳しさ、信頼の大切さを七田ではお伝えしている。
1子供を愛する。
2子供が間違った時は、しっかり叱る。
3子供を信頼する。
この三点が重要である。
叱るのは、行為のみで人格を否定してはいけない。
子供ではなく行為を叱るのだ。
例えば、約束を守れなかった事、人を傷つけた時、危険な行為は叱る。
娘が幼い頃は1嘘、2意地悪、3わがまま、4欲張りは駄目と書いてリビングの壁に貼って
「この行為って4番じゃない?」って言ったりもした。
家訓というか家のルールを決めて、我慢を教えて感情をコントロール出来たり、人の事を
考えて行動出来るように育てなければならない。
9歳までに身につけさせるべき25のマナーは大人も出来ていない人が沢山いる。
かく言う私も貼っていたら娘に「これは、お母さんが出来てへんなぁ~」って言われた。(笑)
こちらは、ネットで検索して読んでみる程と躾で大切な事が書いてあり参考になるだろう。
誉める事が悪い事とは思わない。
ご主人や子供さんのまわりにいるお友達の良いところも子供の前で誉めてあげてるとよい。
人を誉めたり、喜ばせると相手が幸せになって、自分の事を好きになってくれて幸せになるの
だと子供達が学んでくれれば、イジメも無くなり、子供達が周りを幸せにする存在となっていけるはずだ。
七田式に触れて1人でも多くの人が幸せになりますように。

  

Posted by 夢を叶える右脳幼児教室 at 08:59

お友達をたたいた時

2016年11月29日



幼稚園でお友達を叩いて謝れなかったと相談を受けました。
お母さんは、悲しかったけど、そうやって学んで成長するのです。
今は過程なのでいろんな事があります。
お母さんから凄く辛そうなお気持ちが伝わってきました。
どうかいっぱい悲しんだら、自分はそんなに子供に真剣で愛していて
一生懸命なんだと自分を認めてあげてください。
子供が上手く育ってないとか思わないで下さい。
ゴールはずっと先でいろんな経験があるからこそ立派になれるのです。
目先の事にとらわれて悲しい顔や怒った顔ばかり見せていると子供は
自分は駄目なんだと思います。
子供を天才にしたければ、お母さんが子供を常に受け入れる事です。
やってしまった行為に対しては叱りますが、ずっと悩んだり怒っても子供
には伝わるどころか悪影響になります。
こうやって、私やご主人に相談したりしながら自分を落ち着かせて下さい。
大丈夫です。
お母さんの愛情は伝わります。
謝れなかった事については、謝る事の大切さや謝れる人は強い人なんだ
という事を諭してあげましょう。
素直に謝れると、自分もすっきりします。
相手とも仲良くできます。
意地をはったりプライドは捨てて先に謝れる人が一番勇気がある人なのです。
子供は親の鏡です。
もしかしたら、職場や家庭で素直に謝れてない事を振り返る為に見せてくれているのかもしれません。
私も謝れているかな?と考える機会をいただきました。
ありがとうございました。
  

Posted by 夢を叶える右脳幼児教室 at 15:44

父母セミナー

2016年11月26日

父母セミナーを行った。
七田の本質の心を育てる事の大切さや育てる秘訣がわかってくださったに違いない。
七田の卒業生は優しくて志を持った子が多い。
それには、本日のようにしっかり親が学び七田を実践してくださる家庭内教育があるからこそである。
七田には、賢く育てるノウハウは沢山ある。
でも、一番は心や志を育みながら能力や才能をどう生かすかが一番大切なのだ。
次は1月18日(水)西院での父母セミナーお楽しみに。
  

Posted by 夢を叶える右脳幼児教室 at 22:59

保護者の声

2016年11月20日



発表会ありがとうございました。
一時はどうなるかと思いましたが、私よりこどもの方が「できる」
自信をしっかり持っていて、最後まで頑張りました。
英語1000単語記憶も最後の最後、前日になりましたが、絶対に
トロフィーをもらう!と毎晩頑張り、合格出来ました。
英語が好きで、覚えることが苦ではない娘が凄いなぁとつくづく感心してしまいました。
先生がいつも褒めて下さるのも、頑張ろうという意欲になっています。
将来は英語の先生になりたいそうです。
今後とも宜しくお願い致します。
  

Posted by 夢を叶える右脳幼児教室 at 15:35

発表会

2016年11月15日



13日発表会無事に終わった。
毎年、発表会直前になると子どもたちの事で頭がいっぱいになって、
不安な気持ちと準備でもう来年は辞めたいという感情が出てくる。
終わってみると、子ども達の満足した笑顔にエネルギーをもらい、
昨年泣いて発表会できなかった子が堂々と発表している姿に感動し、
やっぱり来年も頑張ろう!と毎年エネルギーをいっぱいもらっている事を強く感じる。
今年は年少前の子も沢山出演してくれた。
小さいお子様は舞台に立っているだけで可愛いい。
ドレスコードは、とびっきりのおしゃれな衣装か仮装である。
みんな素敵な衣装で楽しませてくれた。
緊張して上手くいかないお子様もいたが全て成長の過程である。
教室では恥ずかしがってぐにゃぐにゃだったのにステージでは堂々としていてギャップ
に驚かされたりもした。
今年より来年という風に少しずつ成長して欲しい。
私も司会が上手くいかなかった点を反省し来年さらに進化させよう。
感動をありがとう。

  

Posted by 夢を叶える右脳幼児教室 at 13:33

お手伝い

2016年11月05日



年長のお子様をお持ちのご父兄から、お手伝いは何をやらせたら良いのか?
というご質問があった。
前にやらせたものはどうやら続かなかったようである。
親が何をやらせたいのか?
何ならばやらせる事が出来るだろう?
年齢相応のやれる事にするのも大切だが、時間的な問題もあるので毎日短時間で
続けられるものが好ましい。
3つ候補を親が決めて、その中から子供に決めさせるのも方法の一つである。
向いているかどうかというより、共働きならば多忙な親がどこまで忍耐強く付き合える
かが重要だ。
毎日のお手伝いを初めから自分から進んでやったりはしない。
お風呂掃除をすると決めたなら、忘れたら風呂に入れない事を伝えて洗い終わるまで
待たねばならない。
親がやった方がはるかに早く、後始末をしないですむが、上手くできなくても行為を誉めて、
洗い物やトイレ掃除でびしょびしょにされた床を親が拭くという努力をしてお手伝いの達人
になっている子もいる。
カレンダーにシール貼ってたまったら百均の景品をあげるという工夫もしていた。
子供が自分が決めたと感じるように3つの中からの子供に選択権は与えて、決めた事には
責任を持たねばならないと伝えて、励ましてあげて欲しい。

  

Posted by 夢を叶える右脳幼児教室 at 20:50

スマイル委員会

2016年10月13日



連休を利用して泊まった伊良湖ビューホテルで感心したサービスを行っていた。
「ハロースマイル委員会」
ハロースマイル委員会とは…
お客様本位のホテル運営を実現するために、従業員の中から選抜されたメンバーです。
お客様ひとり一人のお声を大切にし、皆様のお声に耳を傾けてまいります。
ハロースマイル委員会の使命は…
お客様にご満足いただける対応を考えます。
お客様からいただいたお声を検証し、関連部署へ伝達します。
ハロースマイル委員会の目印は…
「スナメロンちゃん」のバッジをつけていただいています。
「スマイル賞」を月に一回選出しています。
輝いていたスタッフやお役に立てたスタッフ、印象に残ったスタッフの名前を投票する箱に投票して下さい。
ディズニーの経営の応用バージョンだと思った。
ディズニーもサービスの達人選出をして特別なバッジをつけている。
ディズニーに行ってどんなサービスを提供しているのか見たいと探した事がある。
レアなので会えませんでしたが…。
誉めたり、賞賛すると誰しも意欲が上がる。
自分もそうなりたいと全員がサービスに努める。
自ら考えサービスを提供しようと最高の笑顔を心がける良い循環のあるホテルだと感じた。
飲食店でもこのようなアンケートを行っている店がある。
そんな店のスタッフは頑張っている。
この仕組み、教室運営で生かせないものか考えてみたい。
  

Posted by 夢を叶える右脳幼児教室 at 14:33

善因善果

2016年10月03日



『二週間で一生が変わる魔法の言葉、はづき虹映著』
この書籍に、良い行いをすれば良い結果が得られます。といった内容が書かれてあります。
これは、宇宙の法則です。
出したエネルギーが受け取るエネルギーになります。
それは、お金という形かもしれないし愛情という形になっているかもしれません。
エネルギーの循環ポイントは自分が先に出したエネルギーの質と量に見合った質と量のエネルギーが
後からきっちり還ってくるということです。
そしてエネルギーの出した方向と帰ってくる方向は必ずしも同じではないという法則も存在しています。
エネルギーは出すのが先です。
まぎれもない宇宙の法則です。
入ってくるのを待っていては一生入ってきません。
あなたが先にどんどん豊さを与えることでさらに沢山のものを受け取り豊かになるのです。
楽しいことがあるから笑うのではなく、笑っているから楽しいことを引き寄せるのです。
読んでくださったあなたへ「あなたに全ての良き事が雪崩のごとくきます」
  

Posted by 夢を叶える右脳幼児教室 at 23:12